テーマ:神社

建勲神社

建勲(たけいさお)神社から大文字山 祀られているのは、本能寺で自刀した織田信長。創建は明治天皇。 心霊現象のメッカといわれる「船岡山」の東隣ということで、ドキドキしましたが、100段?の石段を登りきれば、夏を惜しむ蝉時雨と、青空に赤トンボ!! やれやれと、汗ばんだ心に風が吹き抜けていったよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっちがおいしい?

今宮神社のあぶり餅 境内にある二軒のあぶり餅屋さんは平安時代からで、日本最古の和菓子屋さんなのだそうだ。 つきたてのお餅を竹串にさして炭火で焼いたものに、きな粉と甘い白味噌のタレをからめたものでいいかしら? aくんは「一和」さんのがおいしいと言うけれど、「かざりや」さんと大差はない。 “どっちもおいしい”でいい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

文月

おとといは七夕だった。 水無月の末日は無病息災を願っての“茅の輪くぐり”だった。 古来よりのそんなこんなをこなしていく神社や寺は、たいそう忙しいものだ。たいしたものだ。 うわべやさしいこの街で、ちょっと前までは寺巡り専門だったのが、e氏と出会ったことで神社巡りから水巡りへと移行したことは、とても良かったと思っている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴明井

陰陽師 安倍晴明の晴明神社 さほど水の味がわかるわけではないけれど、ここの井戸水は甘い。 晴明の念持力で湧き出たというこの水が、「病気平癒」と信じれば、飲んで病気が治ったとしても不思議じゃない。 悪意は悪意を呼ぶけれど、信じることは人を救う。 そうだよ、ゆう(^-^) だからね、きょうも新たな“いのち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨の木神社

染井の水 もともと井戸水ってのは、夏冷たくて冬は温かく感じるものであるけれど、梨の木神社が、いつもお水を頂く人でいっぱいなのは、この冷たさ、この清涼感にあり。 御所内での毎朝のラジオ体操がてら、お水を汲む人たちも多く、ちょっとした“染井の井戸のコミュニティ”としての役割をも担っているようだ。 およそ琵琶湖にも匹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝早かったから

北白川天満宮 「お水を汲む人が増えたから、6時から6時までねー」と言いつつ、宮司さんが水の元栓を開けて下さった。 「ほらそこんとこ、イノシシが来て荒らしてる」はびっくりしたけど、なんだか「病気平癒」の水のよう。 もうひとつ“ここは語り場”みたいな話をしてくれたけど、よくわからなかった。 次に訪ねた大豊神社では鶯…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

名水めぐり

水のある風景は心が和みます。 日本酒の味が「甘、酸、渋、辛、苦」なら、水の味は「甘、酸、渋、塩、苦」と言われます。 ミネラル分が多いと、渋味、苦味、塩味。 なるほどねー!! ってなわけで、きょうも朝から朝だけ降る雨の中を、白峰神宮、天神さん、平野神社とお水をもらってきました。 お水のうまい、まずいの条…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下鴨神社

世界文化遺産の朝 冷やっとする参道は、真ん中を歩かずに端っこを。 13日は蛍火の茶会があるそうです。茶会に出席できなければ、茶会後の高野川に行けば、蛍に出会うかもしれません。 a氏情報では《高雄》では100匹ぐらいが舞うそうですから!?行かなくっちゃ(^-^)/~ 行けるかな?
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

上賀茂神社

正式には賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ) 祭神は下鴨神社の祭神玉依姫命の子で、賀茂建角身命の孫にあたる賀茂別雷神である。 わかりにくい神様の話は抜きにして、御所から鬼門にあたるというこの神社は、いつ訪ねても爽やかな“気”でおおわれていて、確かな清涼感がある。 魑魅魍魎とした神社も多いけれど、他に「太田神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more