テーマ:

菊芋

道の駅で見つけた(^^) 子どもの頃にお漬け物で食べた記憶があります。 サクサクとした食感が、これって生姜かな?違うな?何だろう?の正体がキクイモだったという経過。 確か、ひまわりによく似た葉をつけて、小さなひまわり?のような花を咲かせます。 このキクイモは、糖尿病予防や血糖値を下げる効果があると言われています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖島のこと

沖島から帰ってからずっと沖島の〈自給自足〉のことが気になっている。雨模様でほとんど島を散策出来なかったことは惜しい。 かつて小豆島出身の人から、"海に囲まれてる安心感"を聞いたことがあったけど、本土まで船で10分とはいえ、湖に浮かぶ沖島には、ちょっと拝見しただけでも、漁業と農業の半端ではない自給自足の「生活」しかなかった。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご連絡はこちらまで

なみなみ 080-8916-2616 夜八時以降承ります。 *ご予約の事やお忘れ物の事や当店に対する苦情の事など、こちらの携帯まで、よろしくお願いします\(__)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖の有人島沖島が気になっていたので、雨の中行って来ました。 人が住むようになった沖島の歴史は古く1156~1159の保元・平治の乱後、平家に敗れた源氏の落武者7人が山裾を切り開き、漁業を生業として居住したことに始まると言われています。 民宿の食事は鯉やモロコなどの 琵琶湖の魚づくしで鮒寿司も頂きました。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀のお酒

この頃滋賀が面白くて徘徊中(^^) きょうはマキノのついでに高島の海津にある吉田酒造【竹生島】さんに寄って来ました。 ついでに海津の石積を見てまいりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖の川魚

琵琶湖がもたらす旬の味 画像はエビの佃煮。浮御堂前の魚富商店で。 琵琶湖で獲れるカルシウム満点のエビは大豆と一緒に炊き上げると昔ながらのおばんざいであるエビ豆。 他にモロコ、アユ、イサザ、ゴリ、アユの稚魚である氷魚を醤油と砂糖で炊いています。 そして夏はうなぎ、冬はご存知のふなずし。 ふなずしは高価で普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼロ磁場?

琵琶湖に浮かぶ竹生島 ここで、かつて巫女さんをしていたという方に出会った。 で、彼女が言うには竹生島にはゼロ磁場があると。 ゼロ磁場? 調べてみたけどよくわからない。けど伊勢神宮同様パワースポットと言われてるだけあって、やはり気持ちの良い場所で、良いものを頂いた感じがしております。 他、琵琶湖には四つの島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花

田んぼの畦道に こんなにたくさんの彼岸花を見たのは始めて! 滋賀の竜王町で。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとみワイナリー

思っていたより湖東は広かった! 永源寺温泉に向かう途中で見かけて立ち寄りました。 グラスワインを頂きました〓
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀県高島

晴天の中、湖西を《上原酒造》さんまで行って来ました。 湧き水が豊かな高島市、眼前に拡がる広大な稲田を知れば、酒は旨いに決まってる!と叫びたくなるような感動を覚えてしまう。 秋風を受けて、そよそよと音をたててなびく稲穂がなんとも爽やか。 すでに刈られた稲田もありましたが、これから本格的に収穫が始まるんですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡のお酒

開運 純米ひやおろし 兵庫県産山田錦100% 精米歩合55% 日本酒度+6 酸度1.5 「力強く豊かな味わい。円熟味を増した柔らかな風味が加わっています。」 です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かもがわ

久しぶりの賀茂川は雑草の宝庫。おっと\(__)名前知らないだけです。 まぁ、何と言いますか、喜びも悲しみも賀茂川と共にあったというか? そこに賀茂川があったから生きて来れたというか。 なんなんでしょうね、賀茂川は多くの人たちに愛されてますね。愛されるって幸せやん!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひやおろし

滋賀の薄桜特別純米酒 滋賀県産吟吹雪100%  精米歩合60% 日本酒度+3  酸度1.6  優しい口当たり、しみじみとした旨さ、です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋ですね!?

昨日のことかな?北アルプス穂高連峰に初雪が舞ったらしいです。山はいっきに冬なんですね?  画像は、最近同居を始めたチワワのポムです。 ポムに出会うまで、犬がこんな寝相をするなんて知らなかったです。 かなり「我がまま」です。おれさまが一番です。そのせいか、毎朝出会うしつけの良い、よそ様のワンコを見ると胸がきゅんとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山はもう秋

赤トンボが飛び交ってる。里山はもう秋だ。 いつもは素通りしてしまっていた"丹波ワイン"にきょうは寄ってみた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もまた友人から梨が送られてきた。 梨は秋の味覚! にしてもまだまだ日中は蒸し暑い。 いつだったか?北海道から帰ったばかりの人が、暑すぎて、京都は人の住むところではない!と言ってたっけ! そうやと思う。 ま、けど、少しずつ秋の気配。9月になれば"ひやおろし"が旨い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西陣界隈

鞍馬口通りを千本から堀川まで 昼下がり、きょうもぶらぶら贅沢時間。  薬膳の「スガマチ食堂」→お風呂屋さんのカフェ「さらさ」→手作り工房「藤森寮」→パン屋さんの「トムソーヤ」 風は冷たかったけど、ひとつひとつのお店にクオリティの高さと人の温もりを感じました。 次回は「船岡温泉」でお湯に浸かったら、「カドヤ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西陣界隈

思い立ったが吉日で かねてから気になっていた千本通りを、鞍馬口から今出川まで歩いてみました。 まずは「釘抜地蔵」さんで手をあわせ、少し下がった「珈琲茶館」さんで豆を挽いてもらい、お隣の「五辻昆布」さんではお茶をいただきました。松茸こんぶが美味。 西に渡って「こじま」さんで西陣漬けを買い、「千本玉寿軒」さんでお干菓子を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

紅葉

貴船から鞍馬を歩く 紅葉の季節、いづこにても人でいっぱい。混雑の中を歩くのはもともと苦手やけど、人がたくさんやからこそ“美しく見える”ってのがあるらしい? あぁ、お祭がそうよね、だから楽しかったりするんやね? たまにはtoちゃんもいいこと言うよねぇ。 ならば、今年は、果敢に挑戦\(^O^)人(^O^)/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

naっちゃんの

手作りクッキー(^-^)v かなりな技あり。 日本で、「ハローウィン」が広まらないのはなぜか???なーんてね、議論にもならなんだ。 「楽しくすごせたら、何でもいんじゃないの!?」 のnaっちゃんのクッキーは、とてもとても美味しかったです。 あっ!! “大野のさといも”の煮っころがしもおいしいから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋ふかし

虫食い きょうは氏神様の「こども神輿」が、にぎやかに通り過ぎていった日。 加藤和彦氏の「イムジン河」を繰り返し、繰り返し、聴いていた日。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉

いいお天気だった 大徳寺から紫野あたりを歩いて、こんなにきれいな紅葉に出会った。 地図を片手に更に北上。今宮さんから、源義朝が住んでいたところといわれている紫竹あたりの、「光念寺」と「牛若丸誕生の井」。 どこにありますか?と通りすがりのおばさんに訪ねたら、この道の「ドンつきを」と言って「ドン」と「つきあたったら」「ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉

なぜここに? 「音はしくれか」は山頭火の句碑のある、桃源山地蔵院。 ひとりじめの紅葉はもったいないかもしれない。「寒い雲がいそぐ」よ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の新作☆

秋の新作メニュー 試作中   r(-◎ω◎-) 考え中..... ああでもない こぉでもない キョロキョロo(゚д゚o≡o゚д゚)oキョロキョロ と 試行錯誤の末 できましたっ!!!!! 「豚肉の甘味噌ーーっ☆」(仮名) こりがまた パリッとした豚肉に ガツンと味噌で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹波の山奥に工房を持つ友人が 畑で貰ったからとて 大量の茄子をチャチャッ!!と炒めて♪ ♪いっぱい喋って、いっぱい笑って、さーーっと帰っていった。 蒼空みたいな人やねー(^O^)/(^O^)/ 秋も深まれば また 〈丹波黒豆〉の枝豆が 到来するはずだ…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more