奈良のお酒

左から ☆【花巴】山廃純米23by雄町。吉野郡吉野町の美吉野醸造(株) ☆花巴の(ゆづりは)純米酒もあります。速醸酒母協会9号。 ☆超辛【百楽門】備前雄町米100。御所市の葛城酒造(株) ☆三諸杉の【切辛】辛口純米。桜井市三輪の今西酒造(株) ☆梅の宿の【#:colon】。葛城市梅の宿酒造(株) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋鹿

純米100%の秋鹿酒造(株) いいですね、こういうお蔵さん。 能勢町は亀岡市のお隣です。ひょいと行って参りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風は冷たいけど

こんなにもよく晴れた日。 中国では大気汚染が酷いらしい。日本だって放射能で汚染されてるから他国のことは言えないけど。 この青空の下で、深々と呼吸が出来る幸せ。て言うか、こんなこときほんの「き」やで(/_;)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田螺のこと

きょうから12月 そうなんです、我が家には水槽が2つあります。 どちらもミッキーマウスプラティがここ数年来、生死を繰り返しながら存在し続けています。 この水槽にはお掃除屋さんとして、海老と石巻貝(だったかな?)も一緒に居るんやけど、とある春に覚えのない田螺がメッチャ繁殖していて驚いた。 凄いよね、恐らくお店で買っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊芋

道の駅で見つけた(^^) 子どもの頃にお漬け物で食べた記憶があります。 サクサクとした食感が、これって生姜かな?違うな?何だろう?の正体がキクイモだったという経過。 確か、ひまわりによく似た葉をつけて、小さなひまわり?のような花を咲かせます。 このキクイモは、糖尿病予防や血糖値を下げる効果があると言われています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖島のこと

沖島から帰ってからずっと沖島の〈自給自足〉のことが気になっている。雨模様でほとんど島を散策出来なかったことは惜しい。 かつて小豆島出身の人から、"海に囲まれてる安心感"を聞いたことがあったけど、本土まで船で10分とはいえ、湖に浮かぶ沖島には、ちょっと拝見しただけでも、漁業と農業の半端ではない自給自足の「生活」しかなかった。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご連絡はこちらまで

なみなみ 080-8916-2616 夜八時以降承ります。 *ご予約の事やお忘れ物の事や当店に対する苦情の事など、こちらの携帯まで、よろしくお願いします\(__)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく念願の

滋賀の酒屋さんまで行って来ました。 画像の【七本槍】は滋賀県産渡船100%の純米酒。 日本酒度+7の酸度2。 【竹雀】は岐阜県揖斐郡池田町の大塚酒造さん。 こちらは山廃純米のひやおろし。 【澤の花】は長野県佐久市の伴野酒造さん。 岐阜のお酒、長野のお酒は始めて出会いました。 何れも美味しそうなラベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖島の芋焼酎

先日訪ねた沖島の【沖の雫】 「福井和彦 おきしま倶楽部」による、琵琶湖に浮かぶ沖島産の紅あずまを使った芋焼酎。 本来なら美しい琵琶湖の夕日が見えたはずの沖島一泊は頑固な雨雲によって、空も湖面も灰色一色! これってかなりな圧迫感がありました。 けどね、灰色一色の琵琶湖なんてなかなか味わえるもんではありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖の有人島沖島が気になっていたので、雨の中行って来ました。 人が住むようになった沖島の歴史は古く1156~1159の保元・平治の乱後、平家に敗れた源氏の落武者7人が山裾を切り開き、漁業を生業として居住したことに始まると言われています。 民宿の食事は鯉やモロコなどの 琵琶湖の魚づくしで鮒寿司も頂きました。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌がらせですかね

日本酒が美味しい季節となりました。 最近は滋賀まで車を走らせることが多くなり、その都度酒蔵を訪ねるようにしています。 ちょっと楽しいです。 で、つい、二三日前、お客さんからなみなみの看板が裏を向いてる報告を受けて下に降りたら、やはり表向きであるべき看板が裏を向いていました。すぐに表側に向けたのに再度裏返っていました(^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀のお酒

2012年 山廃純米火入れ【大治郎】 原料米は吟吹雪。60の+3。 東近江市の畑酒造。 藏元の畑大治郎さんは四代目。 「ごまかしや嘘偽りのない性格。また休業中だった中澤酒造に自蔵タンクを貸与して、中澤さん自身のブランド「一博」の立ち上げに協力を惜しまなかった、懐が深い男気溢れる気質の人で多くの人びとの信頼を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀のお酒

この頃滋賀が面白くて徘徊中(^^) きょうはマキノのついでに高島の海津にある吉田酒造【竹生島】さんに寄って来ました。 ついでに海津の石積を見てまいりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖の川魚

琵琶湖がもたらす旬の味 画像はエビの佃煮。浮御堂前の魚富商店で。 琵琶湖で獲れるカルシウム満点のエビは大豆と一緒に炊き上げると昔ながらのおばんざいであるエビ豆。 他にモロコ、アユ、イサザ、ゴリ、アユの稚魚である氷魚を醤油と砂糖で炊いています。 そして夏はうなぎ、冬はご存知のふなずし。 ふなずしは高価で普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念

大津市堅田にある波の音酒造さんを訪ねたら、残念ながらお休みだった(^^; で、せっかくやから、近くの琵琶湖畔にある浮御堂(満月寺)まで行って来ました。 波の音はまた日をあらためてお伺いしますね!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more