春ですか?

画像
犬も人も春先の美容室は忙しそうです。

サラもやっとトリミングしてもらって可愛いお顔になりました。

さてさてそうそう、犬の食餌、玉ねぎはダメとかチョコはダメとか鶏骨はダメとかっていうの、それ全部ウソっぱちですから。

犬は元々人間の残飯を食べて生き延びて来てるんです。人間の食べ物を与えてはいけないとか、ドックフードは総合栄養食品だからドックフードだけでよい、なんてバカなことをいったい誰が言い出したんでしょう?
(これ信じている飼い主さん多いです。) 
ドックフードなんて安かろうが高かろうが、人が食べられないゴミが原料で防腐剤まみれ。あんなに臭くてまずいものを食べさせられていたら、病気になるのは必然。ましてや殺処分された犬猫がドックフードになっているとしたら、それは共食い。人間が共食いしますか?

そんなこんなで、この頃は業者から仕入れたささみや鶏肝、手羽先や鶏ガラなどをレンチンしてサラにあげています。鶏ガラの首の部位はお気に入りのようですが、匂いを嗅ぎわけて横を向く神経質なサラには、もっと鶏の骨や豚骨などをガシガシ食べてくれる相棒が居てくれたらいいのになぁなんて思っています。

だがしかし、知るほどに、犬猫を取り巻く世界も魑魅魍魎。昨年はどさくさに紛れて獣医に言われるままに、混合ワクチンやらフィラリアとか狂犬病予防接種とかをしてしまったけど、今年からは一切しません。犬の健康を害してまで受ける必要性はありません。もしかして注射が原因で死んだとしても獣医は絶対に認めませんよ。

ひょっとして、ほぼ日常的に殺処分が行われている根拠も、狂犬病などとっくに根絶した清浄国である今の日本に、まだ存在している「狂犬病予防法」にあるのてはないか?で、予防法を見ても殺していいのは狂犬病にかかった犬だけ。いったい何処に根拠が?です。人を噛む犬も犯罪者扱いされて殺処分されるけど、噛む犬に育てたのは人間であって矯正は可能なはずです。殺すことはない。犬猫がモノ言えないからって人間が傲慢すぎる。何年か前、人を噛んだ犬を警察官が銃で撃ち殺した事件があったけど、犬はどれほど怖くて悲しかったろう。あれは今でも許せない。
とある保護団体さんのブログには毎日のように、「きょうはこの仔を(管理所から)引き出せてもあの仔は殺処分されてしまうから誰か!」と譲渡先を探して綴られています。悲痛です。
もちろん後を絶たない、安易に犬猫を遺棄する人たち、悪質なブリーダーたちを絶対放任してはいけないけど、もういい加減罪のない犬猫の殺殺分など止めませんか? もしかしたら殺されていたかもしれないサラの飼い主として、各保健所に存続している「殺処分機」、悪法「狂犬病予防法」をこそ殺処分に!!と言いたいです。

"春ですか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント