この場を借りて

画像
新しかった年ももう10日が経過

正月休み、サラは孫たちの格好の遊び相手。
子どもの手にかかると、サラはぬいぐるみのよう。おかん助けて~~、って顔が可哀想やったけど、唸ることもせず子どもと知ってて気を使って我慢していた。

嗚呼でもこんなにも可愛くて哀しい犬猫を捨てる人があとを絶たないんですよね。
半年前のサラ、警察の応対【取得物】。だから会計課。人間と同じ「命」をモノ扱い。
犬猫を捨てる人の理由は様々だと思うけど絶対止めてほしい。どうしても手放さなければならないのなら、保健所には連れて行かないで近くの動物保護団体や個人ボランティアに託してほしい。「保護犬」又は「保健所収容」で検索すればたくさん知ることができます。ついでに保健所に収容され、殺処分寸前の犬猫たちの表情を見てやって下さい。捨てられたら殺処分ておかしくないですか?収容キャパが足りないなら増やせばいいんです。冷たいコンクリートの床ではなくてもっと快適にしたらいいんです。予算がおりないならボランティアを募ってお世話しながら里親を探してもらったらいいんです。
どうかこれから犬猫を飼いたい人はペットショップでは買わないで、是非保護犬保護猫の里親になってあげて下さい。

生意気にもわかったつもりでいたけれど、調べれば調べるほどペットとしての犬猫の世界が、人間の私利私欲のために悲惨なことになっている現実が見えてきました。
先ずは「動物はモノじゃない!」意識を高めてブリーダーやペットショップをもっと厳しく法規制すべきです。生体販売を止めるべきです。ドイツのようなペット先進国の人々からしたら、日本のペットショップの存在は異様に映るはず。

私ごときが言うのは口憚りますが、時はすでに21世紀だというのにこの国は終わってる。犬猫だけではない、利権が絡んだ抗がん剤や原発も人を不幸に陥れるばかり。もう気づこうよ(;_;)

"この場を借りて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント