またサラのこと

画像
あの日から4ヶ月が経過して


食事に関しては、ずっとふりまわされてる私。それを承知でずっとふりまわしてるサラ(;´д`)


だがしかし、サラを保護したことで、今まで知らなかったこの国のペットの現状を知ることになりました。
と同時に、一部ブリーダーや高齢者などによる飼育放棄によって、殺処分寸前の犬猫たちの命を救うべく、日々活動されている多くのボランティアの方々のことも。

日本も早くペット先進国ドイツのように、殺処分0を目指せる国になればいいのにと思うけど…

とりあえず、100人が一匹ずつ救えば100匹、1.000人なら1.000匹、10.000人なら10.000匹の命が…
もしかして1.000.000人居てくれたなら、殺処分される命は確実に0だし。

犬猫たちがしあわせになれない社会は、人間にとってもしあわせな社会ではないと、誰かが言ってた。

"またサラのこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント